ここから本文です
HOME > 地域貢献活動
ここから本文です

地域貢献活動

このコーナーでは地域貢献活動に関するさまざまな情報を、随時掲載してまいります。

管内の小学校で田植えを行いました

2019年7月11日 - 食農教育
6月10日:和白小学校
6月10日:和白小学校
6月11日:香椎東小学校
6月11日:香椎東小学校
6月13日:三苫小学校
6月13日:三苫小学校
6月14日:月隈小学校
6月14日:月隈小学校
6月17日:香椎下原小学校
6月17日:香椎下原小学校

当JA管内の小学校で田植えを行いました。地域の方や組合員指導のもと、児童たちは一生懸命に苗を植えていました。

研修生が農業の基礎知識と栽培技術を学ぶ

2019年7月3日 - JA自己改革:農業生産の拡大・地域の活性化
JA職員(中央)から、アイポット(育苗ポット)での育苗方法について説明を受ける研修生
JA職員(中央)から、アイポット(育苗ポット)での育苗方法について説明を受ける研修生
三苫イチゴ部会の堺さん(右)から、イチゴの栽培方法について話を聞きました
三苫イチゴ部会の堺さん(右)から、イチゴの栽培方法について話を聞きました

志賀島農業研修施設(福岡市東区勝馬)で勉強会を行いました。同施設のカリキュラムの一環として、JAの営農指導員が、土づくりに必要な知識や、農薬と肥料の使い方等について講義を行いました。その後、志賀島地区と三苫地区のイチゴ農家の圃場を見学。三苫地区の圃場では、志賀島では使用されていないアイポット(育苗ポット)を使った苗の育て方について知識を深めました。2人の研修生たちは、普段見る機会がない栽培方法を学びながら、営農指導員に積極的に質問していました。
今後も、農家での実習内容を深める座学に加え、管外の先進地見学や、農機の安全講習会、農産物直売所「愛菜市場」での研修などを計画しています。

自由ヶ丘幼稚園

2019年7月1日 - 食農教育







4月25日に定植したナスが、次々に実っています。これまでに採れたナスは100個以上。園児たちが毎日少しずつ収穫しています。
担当の先生からは、「ナスが苦手な子も自分が育てたナスは食べることができたようです」という嬉しい報告を聞くことができました。

地域の美化に貢献

2019年6月22日 - 協力企業会「豊穣会」ボランティア清掃活動


当JAの協力企業会「豊穣会」は、福岡市東区西戸崎の海の中道海浜公園で、ボランティア清掃活動を行いました。同会員とその家族及びJA役職員合わせて229人が参加しました。同会は、JAと取引のある企業が、会員相互の親睦及び情報交換を図り、会員企業とJAの事業発展に寄与することを目的に組織されたものです。2010年から環境保全と地域貢献活動として清掃活動を行っています。参加者は、海岸に落ちているビニールやプラスチックのごみを集め、海岸をきれいに清掃しました。

サツマイモの苗を植えました

2019年6月6日 - 食農教育:席田中学校


福岡市立席田中学校の野球部と園芸クラブの生徒が、サツマイモの苗植えを行いました。生徒を代表して野球部の男子生徒が、「地域の皆さんに少しでも貢献できるよう、頑張って植えたいです」と挨拶。JA職員からサツマイモの苗の植え方を教わりながら、事前に準備した7つの畝に約300本の苗を丁寧に植えました。同校の苗植えは平成24年から始まり、今年で8回目です。苗植えを手伝った保護者は、「昨年もたくさんのサツマイモができました。今年も収穫が楽しみです」と話していました。