ここから本文です
HOME > 私のまちのごひいきさん
ここから本文です

 「私のまちのごひいきさん」は、JA福岡市東部管内の福岡市東区・博多区内で、当JA職員がおすすめするお店やお取引先の企業等をご紹介しています。ぜひ足を運んでください。

チャイニーズダイニング空海

2019年9月1日 - 福岡市東区雁の巣
「鶏の一本揚げ」や「野菜炒め」も人気。白麹を使ったオリジナルラベルの焼酎も味わえます
「鶏の一本揚げ」や「野菜炒め」も人気。白麹を使ったオリジナルラベルの焼酎も味わえます

おすすめの坦々麺は、辛さを追加することもできます
おすすめの坦々麺は、辛さを追加することもできます
四川麻婆豆腐は、山椒の香りが食欲をそそります
四川麻婆豆腐は、山椒の香りが食欲をそそります
ミルク味の氷を専用の機械で削った「台湾かき氷」はふわふわの食感です
ミルク味の氷を専用の機械で削った「台湾かき氷」はふわふわの食感です

雁の巣レクリエーションセンターから和白方面に向かって徒歩約5分の場所にある中国料理店「チャイニーズダイニング空海」。店主の川原さんが、「日本人向けの”中華料理”とは異なる”中国料理”の魅力を、多くの人に知ってもらいたい」とい思いから、2018年3月にオープンしました。
川原さんは17年間、ホテルのレストランで中国料理を担当。そのうり8~9年間は、広東料理を専門としていました。油を極力使わず、中国料理の中では比較的ヘルシーな広東料理の調理方法が、お店のメニューにも活かされています。
おすすめのメニューは、坦々麺や焼き餃子、糸島野菜の炒め物です。また、メープルシロップや黒胡椒ソースなど、好みの味付けを選べる豚スペアリブの焼き物も人気です。使用する野菜と魚介類は、福岡県産の新鮮なものにこだわっています。来店客は家族連れやグループでも利用が多く、仲間とにぎやかに過ごすのにぴったりです。一人で行ってみたい方には、坦々麺が味わえるランチタイム(平日のみ)がおすすめです。
「高級なイメージを持たれがちな”中国料理”ですが、できるだけ手ごろな価格で提供しています。是非食べに来てください」と話す川原さん。店主の中国料理に対する思いが詰まった、本格的な料理を味わえるお店です。

店情報
住所 東区雁の巣2-32-3
営業時間 
・ランチタイム(平日のみ)
11:30~14:00(ラストオーダー13:30)
※2019年8月31日まで、JR奈多駅前で台湾かき氷を販売しているため、ランチタイムをお休みしています。
・ディナータイム
18:00~22:00(ラストオーダー21:30)
休み 火曜日
駐車場 あり
電話 405-8007
facebook チャイニーズダイニング空海
Instagram chinesediningconghai

旬彩TOKOMA

2019年7月1日 - 福岡市東区松崎



開店5周年のお祝い。常連客に囲まれての思い出の一枚
開店5周年のお祝い。常連客に囲まれての思い出の一枚
ご夫婦の似顔絵が描かれた看板は、常連客からのプレゼントだそうです
ご夫婦の似顔絵が描かれた看板は、常連客からのプレゼントだそうです

地元・松崎出身の舟越誠さんと奥さんのふみさんが切り盛りする「旬彩TOKOMA」は、オープンして6年目の飲食店です。店内は木目を生かした温かい雰囲気。掘りごたつの座敷やテーブル席、カウンター席もあり、ゆっくりと食事が楽しめます。来店客の多くは近隣に住む方で、年齢層も幅広いそうです。「家族の帰省で食事に来られたり、近所の奥さんたちが女子会を開いたり。地域の方が憩う場所になっています」と舟越さんご夫婦は話します。
おすすめのメニューは、新鮮なお刺身やしょうゆベースのもつ鍋です。特にもつ鍋は、オープン当初から和牛にこだわって提供しています。単品のメニューも充実しており、料金をプラスすると「ごはんセット」にすることも可能。お酒が飲めない方でも気軽に食事を楽しめます。リクエストメニューにもできる限り応えているそうです。また、パーティーや宴会などのグループで利用されたい方にはコース料理も準備。最大50人まで対応できます。お昼の営業はありませんが、数量限定の日替わり弁当を、店頭で11時頃から販売しています。
「仕事帰りなど気軽に立ち寄ってほしいです」と笑顔で話す舟越さんご夫婦。お客さんとの絆も深く、昨年の5周年記念には、近所の常連客が60人ほど集まってお祝いをしてくれたそうです。地元のファンを増やしながら6年目を迎えた「旬彩TOKOMA」。美味しい夜ご飯を食べたい方、家族や仲間とゆっくり食事を楽しみたい方にぴったりのお店です。

店情報
住所 東区松崎2丁目5-2
営業時間 17:00~23:30(オーダーストップ22:30)
休み 月曜日
電話 661-6705

ヘアーサロンミカド

2019年5月1日 - 福岡市東区和白

4代目店主の安河内さん(左)と奥さん
4代目店主の安河内さん(左)と奥さん
お店で代々使われてきた昔のバリカン。一番古いもの(右端)は両手を使い刈っていたそうです
お店で代々使われてきた昔のバリカン。一番古いもの(右端)は両手を使い刈っていたそうです
創業時の営業許可証。当時は、警察署が発行していました
創業時の営業許可証。当時は、警察署が発行していました

大正4年に創業した福岡県内でも歴史のある「ヘアーサロンミカド」。店主は4代目の安河内さん。奥さんとお母さんの3人で店を切り盛りしているアットホームな雰囲気の理容室です。店内には創業時の営業許可証や、昔の理容道具が飾られており、歴史の深さも感じられます。来店客の9割は地元に住む常連さん。中には、初代店主の頃からの付き合いになる方もいるそうです。予約制ではなく、来店順に対応する昔ながらのスタイルで営業しています。安河内さんは、「物心ついた時から店内で遊んでいたので、常連さんとは子どもの頃から顔見知り。散髪以外でも気軽に立ち寄ってくれるので、お店が『地元の憩いの場』になっています」と話します。安河内さん自身も、地元の消防団に所属し、地域との交流に積極的です。今年で創業104年を迎える「ヘアーサロンミカド」。5代目については、「3人の息子はまだ学生。将来のことはわかりませんが、後を継いでくれたらいいなと思っています」と笑顔で話す安河内さん。地域との絆を大切にしながら、次の世代にも期待が膨らむ理容室です。

ヘアーサロンミカド
住所:福岡市東区和白3-11-8
営業時間:8:30~19:30(日・祝日のみ8:30~18:30)
定休日:毎週月曜日・第3火曜日
駐車場:2台
電話:606-2515

またの歯科医院

2019年4月1日 - 福岡市博多区浦田
優しい笑顔が印象的な俣野哲成院長(左から2人目)とスタッフのみなさん
優しい笑顔が印象的な俣野哲成院長(左から2人目)とスタッフのみなさん



町の歯医者さんとして親しまれている「またの歯科医院」。昭和54年に俣野哲成院長(71)が開業し、今年で40年を迎える歯科医院です。「開業時から通っている方が多いので、患者さんの年齢も上がってきていますね。中には親子4代で通っている方もいますよ」と笑顔で話す俣野院長。長年にわたり、地域の医療に携わってきました。一番の魅力は、長年ともに働くスタッフだといいます。「3人のスタッフのうち、2人は開業時から働いています。もう1人も中学生の頃から知っている元患者さん。結婚や出産で多少ブランクや入れ替わりがありますが、ほとんど変わっていません。『ずっと同じ人が診てくれる』という点は、患者さんの安心感にもつながっていると思います」と話します。また、院長もスタッフも、患者さんと接する時は、率先して挨拶し、診療室に案内するよう心がけているそうです。小さな心配りを大切に、患者さんが安心して治療が受けられる環境を整えています。
患者さんの多くは治療が目的ですが、最近は定期検診と手入れのために受診される人も全体の2割くらいに増えているそうです。「患者さんの予防歯科に対する意識が高まっているのだなと実感しています」と俣野院長。時代の変化に対応しながら、変わらない「人」と「親しみやすさ」を大切にしている地域に根差した歯科医院です。
現在は、予約制で診察しています。お電話でお問い合わせの上の来院をお勧めしています。

またの歯科医院
住所:福岡市博多区浦田1-8-21
診療時間:平日 9:00~13:00/14:30~18:00・土曜 9:00~13:00(※予約制)
休診日:水曜・日曜・祝日
駐車場:3台
電話:503-2882

のんびりカフェ

2019年3月1日 - 福岡市東区松島
クレープは400円から販売しています
クレープは400円から販売しています
キッチンカーで福岡市内と近郊に出店しています
キッチンカーで福岡市内と近郊に出店しています

イチゴチョコホイップ生クリーム(450円)は、お子さんにも人気のメニュー
イチゴチョコホイップ生クリーム(450円)は、お子さんにも人気のメニュー
カインズ福岡新宮店での販売の様子
カインズ福岡新宮店での販売の様子
代表の真子勝径さんと奥さんの朋子さん
代表の真子勝径さんと奥さんの朋子さん

ほっと一息のんびりしてほしいという気持ちを込めて、昨年12月から営業を始めた「のんびりカフェ」は、クレープの移動販売をしています。こだわりはモチモチ食感のクレープ生地と甘さ控えめの生クリーム。フルーツや小豆、抹茶などにも合うすっきりとした甘さが特徴です。甘いものが苦手な方には、ツナやハムを使ったおかずクレープもお勧めしています。来店客はお子さんから年配の方まで幅広く、車で通りかかった方が気づいて、わざわざ引き返して立ち寄ってくれることもあるそうです。
代表の真子勝径さんは会社勤めを辞めて企業。奥さんの朋子さんとお店のコンセプトからメニュー作りまで一緒に考えたそうです。「起業のきっかけは、『クレープを移動しながら販売したい!』と思ったことが一番です。同時に移動販売ならではの、人との出会いや繋がりを大切にしたいという想いもありました。移動しながら販売するスタイルも私たちの性格に合っていると感じています」と笑顔で話す真子さん夫妻。今後は、季節や場所に合わせてクレープ以外のメニューも提供していきたいと考えているそうです。現在は、カインズ福岡新宮店、ミスターマックス吉塚店などに日替わりで出店しています。お買い物の合間に、美味しいクレープを是非味わってください。(※出店場所は2019年2月19日現在のものです。最新情報についてはLINE@などでご確認ください)

~皆さんの街にも出張販売いたします!~
イベント、ケータリング、クレープの小口・大口の注文も承っております。
(注文した商品は全てお客様の買い取りとなります)
個人、企業からの依頼も受け付けております。お気軽にご相談ください。

出店情報はLINE@から確認できます!
出店情報やお得情報をLINE@で配信中です。友達追加の画面を提示いただくと特典も準備しています。
LINE@:@djs9683h
Instagram:ryo1652018
電話 090-2719-7843
※価格は全て税込みです