ここから本文です
ここから本文です

はかた郷土料理

前月のページ | 次月のページ
5月 青梅の甘露煮 席田支部女性部
芋練り 【材料】
青梅
1kg
(A)

50g
・水
1リットル
(B)
グラニュー糖
1kg
・水
1リットル
※グラニュー糖は好みで少なくしてもいいですが、保存があまり効かなくなります。
【作り方】
(1) 青梅を水洗いし、竹串で梅に傷がつかないようにへたをとる。果肉がくずれるのをふせぐために、清潔な木綿針でつついてバランス良く穴をあける。(1個に30ヵ所くらい)
(2) Aの塩をとかした水に(1)の梅を三日三晩つける。
(ガーゼまたは晒しをかぶせる)
(3) (2)の塩水を捨て、新しい真水に梅を半日つける。
(塩を抜くため水は5回取り替える)
(4) たっぷりの水に梅を入れ、落し蓋をしてたぎらない
ように気を付けながら軟らかくなるまで煮る。
(5) 柔らかくなった梅を真水に半日さらす。
(6) Bの水を沸騰させ(沸騰しないとダメ)、砂糖を溶かして冷ます。
(7) 梅の水分をふきん等でふきながら(6)に入れて、沸騰しない程度に煮る。煮立ち始めて30分程度で出来上がり。
  ・出来上がりは煮汁と一緒に冷蔵後で保存してください。
・食べたあとの煮汁は、あめ色になるくらい煮詰めると常温で保存可です。そのまま氷で割って飲んでもいいですし、煮魚にも利用できます。
・青梅の甘露煮を※クールゼリーに入れてもおいしいです。
※ゼリーの素(JA商品)125g×5袋 \620(税込・3月末現在)