ここから本文です
ここから本文です

料理研究家 ●波多野充子
12月前月のページ |次月のページ
  カキと冬野菜の炊き込みご飯 1人分約349kcal

【材料】 4人分
米………………………………2合
カキ……………………………200g
サトイモ………………………150g
レンコン…………………………50g
シメジ………………………100g
ショウガ…………………………1片
だし昆布……………………5×5cm

スダチ……………………………1個
芽ネギ…………………………少々
調味液 だし汁…………………カップ1・1/2
しょうゆ……………………大さじ2
みりん……………………大さじ1
塩…………………………小さじ1



作り方
(1)米をとぎ、冬場は約1時間浸水してから、ざるに上げておく。
(2)カキは塩水で優しく振り洗いし、殻が混じらないようにする。鍋に調味液を沸騰させ、カキと千切りにしたショウガを加え、
カキがプリッとするまで3~4分煮る(煮過ぎると身が縮むので注意)。
(3)鍋からカキを取り出す。
(4)サトイモは皮をむき、1.5cm角に切る。レンコンも皮をむき、4~5mmの輪切りにしてから食べやすい大きさに切る。
シメジは石突きを取り、1本ずつ分けておく。
(5)(3)の煮汁に水を加え、2カップ分の炊飯用調味水を用意する。
(6)鍋に米と昆布を入れ、(5)の調味水・サトイモ・シメジ・レンコンの順に加えてふたをし、中火にかける。
沸騰後、ごく弱火で15分炊く(炊飯器の場合は、全ての材料を順番に入れて炊く)。
(7)ご飯が炊き上がったら、取り出したカキをご飯の上に載せ、約10分蒸らす。その後かき混ぜるときは、いったんカキを
取り出す。
(8)器に盛り、お好みで芽ネギを添え、スダチを搾っていただく。  
 プリプリのカキ、モチモチのサトイモ、シャキシャキのレンコン。旬の食材をたっぷり味わえる、炊き込みご飯です。カキはご飯と一緒に炊くと身が縮んでしまいます。先にサッと煮て、ご飯を蒸らすときに加えると、おいしく出来上がります。

  ゴボウのコトコト養老煮   1人分約108kcal 

【材料】2人分
梅干し………………………2個
ゴボウ………………………2本

水……………………………900cc

作り方
(1)ゴボウはたわしで洗い、5cm長さに切る。
(2)土鍋や厚手の鍋に、ゴボウ・水・梅干しを入れふたをして火を付ける。
(3)沸騰するまでは強火、その後弱火で8時間以上煮る。ゴボウが水から出ないように、途中水が少なくなったら、適宜加える(あく  は取らないで大丈夫)。
(4)器に盛りつけ、お好みで白ごまを添える。
※途中で外出する場合は火を止め、合計8時間以上煮れば大丈夫です。  
 ゴボウを梅干しだけで長時間煮る、健康的な常備食です。ゴボウがほっこりと、今まで味わったことのない、優しい味になります。10時間煮ると常温で1週間、30時間煮ると常温で1カ月持ちます。おせち料理の箸休めにもなりますので、まとめてたくさん作っておくと便利な一品です。。