ここから本文です
ここから本文です

料理研究家 ●波多野充子
11月前月のページ |次月のページ
  サケときのこの炊き込みご飯 1人分約385kcal

【材料】 4人分

米…………………………………2合
塩ザケ(甘口)………………2切れ
エリンギ…………………………2本
シメジ……………………………1株
(きのこ類は合わせて200g程度)


ショウガ…………………………10g
だし用昆布………………………5cm
だし汁……………………カップ2弱
酒……………………………大さじ2
しょうゆ………………大さじ1・1/2


作り方
(1)米は洗い30分以上浸水後、ざるにあげておく。
(2)サケは焼き、皮と骨を除く。
(3)きのこ類は食べやすい大きさに切る。ショウガは千切りにしておく。
(4)分量の酒・しょうゆにだし汁を加え、カップ2の分量にする。
(5)炊飯器に米と(4)を入れ、だし用昆布、きのこ、焼いたサケを加え炊く。
(6)炊き上がったら、だし用昆布を取り出し、ショウガの千切りを加え、サケをほぐしながら、全体を混ぜ合わせる。  
きのこの風味と、塩ザケのうま味がいっぱいの炊き込みご飯です。今回はエリンギとシメジを使いましたが、お好きなきのこ2~3種類をお使いください。サケの皮はカリッと焼き、仕上げにトッピングしてもおいしくいただけます。 

油揚げと野菜の煮物  1人分約 330kcal 

【材料】2人分

油揚げ……………………………2枚
卵…………………………………2個
カブ………………………………2個
ミニトマト………………………6個


小松菜……………………………2株
だし汁………………………カップ3
みりん………………………大さじ4
しょうゆ……………………大さじ3

作り方
(1)鍋にだし汁・みりん・しょうゆを入れて煮る。
(2)カブは皮をむき4つに切る。小松菜は6~7cmに切る。
(3)油揚げに熱湯を掛けて油抜きをし、ペーパータオルで水を切る。端を切り、破らないように注意しながら袋状に開く。
(4)器に卵を割り、油揚げの中に入れ、端を折りようじで留める。
(5)(1)にカブと(4)を入れ、落としぶたをして10分ほど煮る(そのまま冷ますと、より味が染み込む)。
(6)小松菜とミニトマトを加え、一煮立ちしたら火を止める。 (7)器に盛り付け、お好みで七味唐辛子を添えていただく。  
油揚げの中から卵が出てくるサプライズが楽しい煮物です。カブの葉があれば、小松菜の代わりにご利用ください。葉類とトマトはいただく直前に加えましょう。