ここから本文です
ここから本文です

料理研究家 ●波多野充子
3月前月のページ |次月のページ
  テンペのステーキ丼 1人分約539kcal

【材料】 2人分
テンペ…………………………2枚
ネギ……………………………1本
シシトウ………………………6本
ショウガ………………………1片
赤ピーマン…………………1/2個

焼きのり………………………1枚
オリーブ油……………………適量
みりん・しょうゆ………各大さじ2
ご飯……………………………2杯分



作り方
(1)テンペは4つ切り、ネギは斜め切り、シシトウは1カ所に切り込みを入れ、ショウガは千切り、赤ピーマンは食べやすい大きさに切る。
(2)フライパンにオリーブ油を熱し、テンペ、シシトウ、赤ピーマンを入れ焼く。シシトウ、赤ピーマンは焼けた物から取り出す。テンペは少し焦げ目を付ける方がおいしいので、そのまま両面を返しながら焼く。
(3)(2)のフライパンの空いた部分にネギとショウガを入れて炒め、火が通ったらみりんとしょうゆを回し掛け、よくテンペに絡め合わせて火を止める。
(4)丼にご飯を盛り付け、のりを載せてからテンペと野菜を盛り合わせる。
テンペは大豆の発酵食品で、食物繊維などがいっぱい含まれています。発酵食品独特の粘りや香りもなく、便利な健康食品として注目されています。日持ちが長く、冷凍保存もできるので手元にあると便利な食材です。ボリュームもあるので野菜と合わせてガッツリ丼でお召し上がりください。 

カブと生青のりのスープ  1人分約 73kcal 

【材料】2人分
カブ………………………………2個
生青のり………………………50g
だし汁………………………600ml
本クズ…………………………25g
(なければかたくり粉で代用)

酒……………………………大さじ1
しょうゆ……………………小さじ1
塩………………………………適量




作り方
(1)カブは葉を切り落とし、皮をむく。
(2)だし汁を入れた鍋にカブを加え、軟らかくなるまで煮る。
(3)酒・しょうゆを加え、塩で味を調える。
(4)生青のりを入れ沸騰させてから、同量の水で溶いた本クズを鍋の中をかき混ぜながら加える。
(5)全体にとろみが出るまで混ぜ合わせて火を止める。
(6)器に盛り、カブの葉を添える。 
丸ごと1個のカブと、香りの良い生の青のりで作るスープです。とろみとして使う本クズの生命力は強大で、漢方薬としても用いられています。体を温めてくれる優しいとろみ、ぜひお試しください。