ここから本文です
ここから本文です

料理研究家 ●波多野充子
12月前月のページ |次月のページ
  タルト・オ・ポンム 1人分約270kcal

【材料】4人分
 コンフィチュール  
   リンゴ…………………………3個   
   塩………………………小さじ1/4   
   シナモンパウダー……………少々  
   レモン汁…………………小さじ1
 

リンゴ……………………………1個  
  レモン汁……………………大さじ2
 ブランデーかカルヴァドス
  酒…少々
 バター……………………………少々
 グラニュー糖………………小さじ1
  冷凍パイシート…………………1枚

作り方
(1)コンフィチュールを作る。リンゴは皮をむき1~2cmに切る。厚手の鍋に入れ塩を振り、混ぜ合わせ20分ほど置く。水分が出てきたらふたをし、弱火で煮る。10分ほどで水分が増えるのでかき混ぜ、しんなりしたらスプーンで粗くつぶし、シナモンを加えて火を止め、レモン汁を混ぜる。 (2)パイシートは5~10分室温で戻しラップ2枚で挟み、タルト型より一回り大きく延ばす。タルト型にバターを塗りパイシートを敷く。フォークで数カ所穴を開けて冷蔵庫で30分休ませる。 (3)上を覆うリンゴは半分に切り、スプーンで種と芯を除き皮をむく。2~3mm厚さに切りレモン汁と酒を振っておく。 (4)180~200度に予熱したオーブンで(3)にクッキングシートを敷き、スプーンなど重しを載せ、15~20分空焼きする。 (5)(4)に(1)を敷き詰め、その上に(3)のリンゴを並べ、数カ所にバターを置き、全体にグラニュー糖を振り掛ける。180~200度のオーブンで30~40分、焼き色を付ける。型から外し、冷まして切り分ける。  
旬のリンゴは少量の塩だけで甘さを引き出せます。このコンフィチュールの上に、フレッシュなリンゴを載せたリンゴ尽くしのタルト。コンフィチュールはたっぷり煮た方がおいしく仕上がるので今回は3個煮ています。残った分は冷蔵庫で保存してパンに塗ったり、ヨーグルトなどに添えてお召し上がりください。   

根菜と豆入りのミネストローネ  1人分約197kcal 

【材料】4人分
ニンニク………………………1片
タマネギ……………………1/2個
ゴボウ…………………………50g
ニンジン……………………1/2本
ジャガイモ……………………2個
セロリ…………………………1本
キャベツ……………………200g

白インゲン豆の水煮缶……200g
トマト水煮缶…………………1缶
水……………………2・1/2カップ
固形スープのもと……………1個
オリーブ油………………大さじ1
塩…………………………小さじ1


作り方
(1)ニンニクは粗みじん切り。タマネギ、ゴボウ、ニンジンは1~2cm角、ジャガイモ、セロリ、キャベツは3cmくらいに切る。
(2)鍋にオリーブ油とニンニクを入れ弱火で炒める。ゴボウを加え甘い香りになるまでゆっくり炒め、タマネギ、ニンジン、ジャガイモを加える。
(3)全体に火が通ったらセロリ、キャベツ、水、固形スープのもとを入れ15~20分、材料が軟らかくなったらトマト水煮缶と塩を加える。
(4)トマトの甘味が出てきたら豆の水煮を加え、5~6分煮てから塩味を調える。  
ミネストローネとは具だくさんのスープという意味。体を温めてくれる根菜などの野菜がたっぷり入り、ボリューム満点で消化も良いスープ。ゴボウは甘い香りがしてくるまで、じっくりと炒めるのがコツです。水分が足りなければ途中で水を加えてください。