ここから本文です
HOME > 地域貢献活動
ここから本文です

地域貢献活動

このコーナーでは地域貢献活動に関するさまざまな情報を、随時掲載してまいります。

管内の商品が福岡市のふるさと納税返礼品に選ばれました!

2020年5月15日 - JA自己改革:農業者の所得増大・地域の活性化
金印ジャム3種と金印みそのセット
金印ジャム3種と金印みそのセット
いちごのともや 苺の実アイス
いちごのともや 苺の実アイス

 当JA管内の6次産業商品が、福岡市のふるさと納税返礼品に選ばれ、5月15日からふるさと納税サイト「ふるぽ」で受付が始まりました。返礼品に選ばれたことをきっかけに、管内の商品を多くの人に知ってもらい、「農業者の所得増大」と「地域の活性化」につながることが期待されます。
※福岡市のふるさと納税の返礼品は、福岡市外に住む人を対象に送られるものです。

◆金の玉手箱 金印ジャム3種(あまおう・甘夏・すもも)と金印みそのセット
志賀島で採れた完熟果物を使用した手作りジャム3種(各150グラム入り)と、麹から手作りした無添加の味噌2袋(1袋1キログラム入り)のセット。どちらも当JAの6次産業化商品で、農産物直売所「愛菜市場」で販売しています。返礼品は、福岡市外に住む人が、福岡市に1万円以上寄付すると1セットが送られます。

◆いちごのともや 苺の実アイス(10個・20個)
志賀島のイチゴ農家・田中さんが育てた大粒の「あまおう」に、アイスクリームを詰めて、リング状の取っ手を付けたジュエリーアイスです。味はバニラ、いちごミルク、チョコの3種類。返礼品は、福岡市外に住む人が、福岡市に1万円以上寄付すると10個入り、2万円以上寄付すると20個入りのアイスが送られます。
また、「いちごのともやオンライン(https://ichi-tomo.jp/)」でも購入でき、昨年からは「博多阪急」(福岡市博多区)のお中元商品にも選ばれ販売されています。

園児たちが夏野菜の苗植え

2020年5月12日 - 食農教育:美和台幼稚園
JA職員と一緒にズッキーニの苗を植える園児たち
JA職員と一緒にズッキーニの苗を植える園児たち
園児たちが苗を植えた後、JA職員と幼稚園の先生たちが支柱を立てました
園児たちが苗を植えた後、JA職員と幼稚園の先生たちが支柱を立てました

 美和台幼稚園で、夏野菜の栽培指導を行いました。この取り組みは、幼稚園児への食育指導の一環で、毎年管内の幼稚園で行っています。園児が農業体験をすることで、農業への関心を高めてもらうことが目的です。例年は、4月に園児たちが種まきをしますが、今年は新柄コロナウイルス感染症の影響により、苗植えからのスタートとなりました。また、一部の預かり保育の園児のみの参加で行われました。
 園児たちは、JA職員にポットから苗を取り出す方法を聞いた後、プランターに2か所穴を掘り、苗を植えて土を優しくかぶせました。今回はズッキーニの苗を38本植え、収穫は6月中旬から随時行う予定です。担当の先生は、「上手に植えることができました。収穫はみんなで揃ってできたらいいですね」と話しました。

SNSを活用した地域農業のPRについて意見交換

2020年2月24日 - JAふくおかよい食アンバサダー
イチゴ農家の前村さんのハウスで、イチゴ栽培について説明を受けるJAアンバサダー
イチゴ農家の前村さんのハウスで、イチゴ栽培について説明を受けるJAアンバサダー
意見交換会の様子
意見交換会の様子

当JAは、自己改革の一環として、JAグループ福岡が取り組む「JAふくおかよい食アンバサダー制度」と連携し、SNSを活用して管内の農産物やイベント情報を発信しています。
2月24日、福岡市東区大字勝馬で、志賀島の新規就農者を対象に、「JAふくおかよい食アンバサダーとの交流会」を開きました。新規就農者が今後どのようにSNSを活用していくか意見を交換し、情報発信を担うJAアンバサダーに生産現場を知ってもらうことが目的。今回が初めての開催で、新規就農者やJAアンバサダー、関係職員など合わせて17人が参加しました。
志賀島地区には、当JAが新規就農者の研修施設を設置し、若い農業者の育成や、地域の農業振興に力を入れています。今後もJAアンバサダーの産地訪問などを行いながら、SNSを活用して管内の情報を発信していく予定です。

組合員ふれあい感謝祭を開きました

2020年1月26日 - JA自己改革:地域の活性化
新春 福来い餅まき
新春 福来い餅まき
バルーンショー
バルーンショー
女性部の展示
女性部の展示
地元産「博多あまおう」の販売
地元産「博多あまおう」の販売
豚汁の試食
豚汁の試食
ガラポン抽選会
ガラポン抽選会

組合員とその家族、地域住民へ感謝の意を込めて、メモリードホール葵福岡(福岡市東区原田)で、「組合員ふれあい感謝祭」[協賛:(株)メモリード・西部ガス(株)]を開きました。今年で9回目の開催で、約2000人が来場し、大いににぎわいました。

志賀島生産者の意見交換会

2020年1月21日 - JA自己改革:農業者の所得向上・地域の活性化

志賀支店(福岡市東区大字志賀島)で生産者の意見交換会を開きました。「農業者の所得増大」と「地域の活性化」が目的で、志賀島地区の生産者やJA職員、志賀島農業研修施設の研修生らの合わせて15人が参加しました。今回は、若手農業者が中心となり、志賀島の農産物を多くの人に知ってもらうための新たな取り組みについて話し合いました。