ここから本文です
HOME > ファーマーズ広場 > 地域の人に「受け入れてよかった」と思ってもらえる農家をめざしたい
ここから本文です

ファーマーズ広場

一覧へ

地域の人に「受け入れてよかった」と思ってもらえる農家をめざしたい

- 福岡市東区 梅津太一朗さん


研修に取り組む梅津さん
研修に取り組む梅津さん
同期の松尾さん(右)と一緒に
同期の松尾さん(右)と一緒に

志賀島農業研修施設を今年の6月に修了し、志賀島でイチゴの栽培を始める梅津太一朗さんです。研修で学んだこと、これからの夢や目標についてインタビューしました!

Q)前職は何をされていましたか?研修施設への入校を決めたきっかけは?
梅津さん)前職では、再生可能エネルギー事業に携わっていました。環境保全につながる仕事にやりがいを感じる一方で、「目に見えるモノを売る仕事がしたい」という思いもありました。そんな時、仕事でイチゴ農家について調べる機会があり、興味を持ち始めました。もともと、定年退職したら野菜作りをするつもりだったので、始めるなら体力がある今から本格的に始めてもいいんじゃないかと思い立ち、2年前から組の支援制度やイチゴ栽培の研修施設などを調べ始めました。「地元で就農したい、できれば自然を感じられる環境で農業がしたい」と思い、志賀島農業研修施設の見学を申し込みました。昨年4月に見学した際に、まだ入校できることをJA職員から聞き、6月の入校を決めました。
Q)研修を受けてよかったことは?
梅津さん)まず、イチゴ農家の鍋島さんのもとで、約1年間しっかりとイチゴ栽培を学べたことがとても良かったです。鍋島さんは、研修中に私が失敗しても、こちらが恐縮するくらい優しく教えてくださって、本当にありがたかったです。志賀島の皆さんにも優しく接してもらい、スムーズに研修ができました。同期の松尾さんと情報交換ができたことも良かったです。私は農学部出身なので、土の成分や肥料など多少の知識はありました。逆に、松尾さんは私が知らない機械や設備についての知識が豊富。お互いに教え合うことができました。研修以外でも、ハウスの組み立てを手伝えたので、実践的な技術や知識も増やせたと思っています。
Q)今後の目標や夢は?
梅津さん)まずは1年間、手をかけてしっかりイチゴを育てることです。今年は就農1年目なので、5アールの広さから始める予定です。奥さんも初めは消極的でしたが、今は手伝うと言ってくれています。可能であれば5年以内に作付面積を3倍に増やせればいいなと考えています。子どもたちもまだ小学生と中学生なので、まだまだお金が必要です。できるだけ早く農業が軌道に乗るように計画を立ててやっていきたいです。そして、生活できるよう稼ぐという目標と並行して、美味しいイチゴをたくさん作るための工夫も続けたいと思っています。地域の方に「梅津さんに就農してもらってよかった」と思ってもらえるように頑張りたいです。
(令和2年1月取材)